2012年1月31日

昨年12月さい帯血移植を受けた7才患児の生着の報告がありました。

生着の成績は上がってきていますが、この患児は移植に至るまでが大変でした。
両親の意見が合わず、両方から相手を説得する様依頼を受けました。

祖母まで意見が異なり、私は責任重大の立場に追い込まれました。
母親を応援し、結果実りました。

☆有田美智世☆

Post to Twitter

日本ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
カテゴリー: 有田理事長   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


九 × = 27


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)