2012年9月28日

急性リンパ性白血病の30才代の患者が亡くなりました。
主治医は「これを治したらノーベル賞ものだ」と患者の親に言いました。
患者は入院中、ノロウィルスに感染し自宅療養になりました。
私は転院先を依頼されましたが、積極的に協力出来ませんでした。
医療の地域格差、医師の技術格差、悔しいです。

患者と医療者との交流の場があります。
造血幹細胞移植法の成立を受け、私はその様な場にも積極的に参加していく事にします。
私の患者相談窓口での情報を医療者に伝えていこうと思います。
患者は医療者に直接伝えられない事があると思うからです。
この法律は患者のためにあるのです。

☆有田美智世☆

Post to Twitter

日本ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
カテゴリー: 有田理事長   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 一 = 5


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)