2013年4月27日

26日、国の審議会が開催され造血幹細胞移植推進の法施行に向けた七回目の議論が行われました。
法成立は、骨髄、末梢血、臍帯血移植が、同じ土俵の上で議論されるという、願ってもない場面を提供してくれました。
感無量の思いがあります。
今回は、大きな方向性が示され前半を終えました。

☆有田美智世☆

Post to Twitter

日本ブログ村に参加しています!
にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
カテゴリー: 有田理事長   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


六 − 3 =


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)