NPO法人さい帯血国際患者支援の会は、さい帯血移植の推進とiPS細胞研究の早期臨床実用化に向けての支援を行っています。

さい帯血国際患者支援の会TOPへ
top 希望の家について サポーター募集 リンク集 さい帯血国際患者支援の会ブログ お問合せ
寄付

希望の家とは

当会の事業運営は真心の募金により支えられています。個人・法人・公共団体など多くの方々からの寄付を受け付けしております。
あなたの善意を募金に代えて、患者救命支援活動にご協力ください。

   年会員および12か月以上継続月会員は正会員として総会に参加できます
寄付

登録方法

登録方法は、下記の2方法です。

フォームから申し込む 申込書のダウンロード
寄付

趣意書


 私たちは、これまで、骨髄移植・さい帯血移植治療のため医療の材料を提供するバンク推進活動を進めて参り ました。さい帯血(胎盤の血液)は、協力者ドナーから、赤ちゃん誕生の時、切り離されたへその緒から採取され、 細胞分離の後、冷凍保存されます。さい帯血移植は、白血病や放射能被爆などの難病や重い遺伝病などの救命に 役立つ医療として利用が進んでいます。骨髄移植よりも適合性が得られやすく、提供者の負担も少ないことから 有効な治療法として定着し、多くの人命を救うまでに至りました。

 しかし、患者の居住格差や医療施設の技術格差などの理由によって、治療が困難となるケースがあります。もし、 適正な治療を受けていれば命が助かったかもしれないと思うと残念でなりません。現在の高度医療は拠点化の傾 向にあり、質の高い平均した医療サービスの提供ができるようになってきました。私たちは、骨髄・さい帯血を 介した医療だけでなく、だれもが救命のための医療をうけるスタートラインには立てる環境を整える、患者救命 サポート運動を展開することに致しました。国内だけではなく、アジアなど国際支援へと、順次、活動対象を広 げて参ります。

 当面の活動として、この拠点化された高度医療の提供を遠隔地からでも受けることができるように『患者及び 家族に衛生環境も考慮した宿泊施設の提供』などの支援体制作りを行います。  具体的には、東京大学医科学研究所附属病院と神戸市立医療センター中央市民病院・先端医療センターに遠隔 地から入院を希望される方のために安価で宿泊できる準無菌空間(東京希望の家、神戸希望の家)の提供を行い ます。
 この事業を行うための資金確保に協力くださる方、趣旨に賛同者する方を偏りのない広い範囲の個人・法人・ 公共団体の方々からサポーターとして募集させていただいています。
なにとぞ、皆様方のご支援・ご協力をお願い致します。
理事長: 有田美智世


ご利用できる方
宿泊施設の衛生設備
ご利用料金
お申込み方法

寄付について
登録方法
お問合せ

お問合せ

NPO 法人さい帯血国際患者支援の会  E-mail : info@ptsupport.net
Copyright NPO法人 さい帯血国際患者支援の会 All right reserved     Product  by Logip